2013年12月9日月曜日

2013年クレイジーウーマン・オブ・ザイヤーに更年期障害・韓国朴槿恵大統領決定?



2013年ほど、韓国の反日話題に事欠かなかった年はない。『悪韓論』がベストセラーとなっている元時事通信ソウル特派員の室谷克実氏に、 この1年の反日を総括してもらった。今年の特徴はなんといっても大統領自ら反日を主導したことだ。

今年3月の3.11東日本大震災の追悼式には、140余か国の外交団が参列したが、中国と韓国が欠席した。

中国には「式典での台湾の扱いが不当」とする理由があったが、
韓国は後になって「事務的なミスだった」とか、「連絡のファクスを見落としていた」とか言い訳するばかり。

重大な外交上の欠礼だが、大使あるいは大使館員が処罰されたという報道もなし。「リメンバー3.11」の1つにすべきだろう。
 
朴槿恵大統領は、訪米、訪中、G20出席、訪欧と外国を訪問するたびに、首脳会談の相手や、地元有力メディアに「悪い国・日本」を吹き込んできた。
日本人は「告げ口外交」と呼ぶが、韓国紙『中央日報』には「遠隔外交」なる新語が出ていた。

悪韓、いや圧巻は9月、韓国を訪問したヘーゲル米国防長官に聞かせた「反日独演会」だ。
ヘーゲル長官はさすがに異常さを感じたようで、これを機に韓国を見るワシントンの視線は冷たく変わった。

ひどいのは大統領だけではない。女性閣僚である尹珍淑・海洋水産相が9月の記者懇談の席で、
福島原発の汚染水流出に関連して、安倍内閣を「非道徳なガキども」とののしった。
 
盧武鉉大統領時代の首相は、日本の右派政治家を「吠え続ける犬ども」と言った。犬からガキに、少しは良くなったのかな。
http://www.news-postseven.com/archives/20131209_230713.html

0 件のコメント:

コメントを投稿